次世代育成支援対策推進法

HOME» 次世代育成支援対策推進法 »次世代育成支援対策推進法

次世代育成支援対策推進法

次世代育成支援対策推進法

 
 
急速な少子化の流れを変えるため、次世代育成支援対策推進法では、地方公共団体が地域行動計画を策定・公表するとともに、企業においても、従業員数に応じて、従業員の仕事と子育ての両立を支援するための一般事業主計画を策定し、都道府県労働局にその旨を届け出ることが義務づけられています。

" 第3期行動計画は、平成26年7月1日から平成31年6月30日に期間に実施します。”( 第3期行動計画 )

第1回(平成21年7月1日から平成23年6月30日)及び第2回(平成23年7月1日から平成26年6月30日)の行動計画を達成し、第1回、第2回とも京都府労働局より基準適合一般事業主認定を受け、次世代認定マーク(通称:くるみん)を取得しています。( 基準適合一般事業主認定通知書 
 
 
       
 
 
 
 
妊娠していることがわかった時点から、サポートします。育児休業の取得、休業直前の働き慣れた部署での職場復帰、短時間勤務の体制や、お子さんの看護の為の休暇の制度などがあります。

詳細な内容はこちら( 妊娠から育児休業後の労働条件について 
 
 
       
 

実際に育児短時間勤務を利用している米田さんにお話を聞きました!
米田さんはゆうかり子ども園で保育士として働いています。
出産後、出産前と同じ職場に復帰され、子育てとお仕事の両立に奮闘中♪


(米田さんは希望により、7時間勤務をされています)



 

 
   
  子どもを保育園へ!
今日も頑張ろうね♪
  ゆうかり子ども園にて勤務。

無理のなくスケジュールを組む事ができ、
仕事にも子育てにも
安心して取り組む事が出来ます!

 
 
    保育園へお迎えへ♪子どもと過ごす
時間もしっかり確保できます!

次世代育成支援対策推進法

 
 
 
 
 
ikusei.gif
youtube
ブログ
jpeg PDF

管理画面