平成30年度研修実績(報告)

HOME» 平成30年度研修実績(報告) »平成30年度 観察と記録に関する研修

平成30年度研修実績(報告)

平成30年度 観察と記録に関する研修

平成30年度 観察と記録に関する研修
 

日 時

平成30年  9月11日(火) 13:00~17:00

平成30年10月  9日(火) 13:00~17:00

平成30年11月13日(火) 13:00~17:00

平成30年12月11日(火) 13:00~17:00

平成31年  1月  8日(火) 13:00~17:00

平成31年  2月12日(火) 13:00~17:00

場 所 峰山乳児院 2階ホール

目 的

福祉職及び対人援助に関わる上で大切な「場面観察法」を学び、援助場面での観察の

方法と、援助技術の向上を図る。

内 容

①観察とは何か・観察力を身につける

②対人援助の観察とは・なぜ記録が必要か

③記録を行うための基本・福祉施設や関係機関の記録を考察する

④言葉のリフレイミング・「場面観察記録法」その1

⑤「場面観察記録法」その2

⑥「場面観察記録法」その3 ケースカンファレンスの事例作成(4事例)

対象者 施設長が指名する職員
受講者数 13名
7 講 師 児童養護施設 新天地育児院 副院長 龍尾和幸氏
2019/04/12

平成30年度研修実績(報告)

 
 
 
 
 
ikusei.gif
youtube
ブログ
jpeg PDF

管理画面